医療法人 亀岡病院

〒621-0815 京都府亀岡市古世町3丁目21番1号

0771-22-0341

診療内容

ホーム > 亀岡病院 > 診療内容 > 脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科は今まで神経内科と呼ばれていた専門科です。近年、名称が他の診療科(脳神経外科、精神科神経科など)との区別つきにくく患者さんがどこに受診にすれば良いか迷うことがあるため脳神経内科に改称しつつあります。

脳神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気をみることを専門とする内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような部分の病気を疑います。

症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。つまり、頭のてっぺんから、手先、つま先までの症状があるので、脳神経内科では全身を診察することで、どこの、どんな病気であるかを診断します。

その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神神経科や心療内科にご紹介します。時には生活習慣病やホルモンの異常など他の専門内科で診療した方がよい病気もあります。また、感じることの中には見たり聞いたりする能力が含まれ、眼科や耳鼻科の病気が原因の場合もあります。

現在は脳卒中は発症してから半日くらいの間であれば専門的な治療で症状が改善することもあります。そのような場合、近隣の治療の可能な病院をご紹介します。当院では施行できない各種検査は近隣医療機関と連携しているので、当院で予約をして受診していただけます。

脳卒中後の麻痺や神経難病でリハビリを希望される場合は、リハビリテーション科と相談し行っています。また神経難病などで外来受診が難しい患者さんの場合、訪問診療も行なっているのでご相談ください。

脳神経内科で扱う病気は長くお付き合いする病気も多いので、焦らずゆっくり治療していきましょう。

 

外来診察時間

火・水・金 9:00〜12:00
17:00〜19:00

 

 

ページの先頭へ