医療法人 亀岡病院

〒621-0815 京都府亀岡市古世町3丁目21番1号

0771-22-0341

当院について

ホーム > 亀岡病院 > 当院について

当院について

院長あいさつ

院長 細川了平
院長 細川了平

時代とともに、医療の形は変化して参りました。それと伴に、病院の役割も変わって参りました。以前の病院では、「診断と治療」をきちんと行い、患者様の病気を治し、家にお返しすることが主たる仕事でした。しかし昨今は、「医療と介護」は切り離すことのできないものとなり、患者様及びそのご家族が、今後どのように生活していただくか、またその場に、 どのように医療が携わるかを、綿密に相談し、計画し、実行することが不可欠となってきたと考えております。

一方、時代に流れによって、急に医療の形態を変えざるを得ないこともございます。新型コ ロナウイルス感染症(コロナ)が、まさにこれに該当いたします。発熱された患者様を、別に時間を設けて、きちんと防具をつけて、診察、検査、当院で出来うる治療(必要時)を行う「発熱外来」は、今まではなかった形態です。コロナが流行した当初は、患者様や近隣の先生方にも、一部理解いただけないこともありましたが、約1年経過した今日、不便な点はいがめませんが、一般的な診察となっています。 近日中に、ワクチン接種が始まりますが、当院でも実施する予定となっております。

この様な、ある意味、不確実性のある時代となっても、医療において変わってはいけないことがあります。それは、当法人の理念にも掲げています「温かい心で、医療、介護を提供して、地域社会に貢献する」ことだと考える次第です。何か困ったこと、心配なこと、聞いてみたいこと等ございましたら、何時でも、何なりと、お声をかけてください。また調子がおかしくなったら、何時でも当病院を受診ください。「亀岡病院は、皆様のための病院である」と思っております。

 

 

 

ページの先頭へ